金属アレルギー・メタルフリー

当院ではメタルフリーの治療に積極的に取り組んでおります。

 

近年、増加する金属アレルギーは、その予備軍も含め1,000万人、日本人の12人に1人も存在するといわれています。

意外と知られていませんが歯の詰め物の金属や歯の治療に使われる歯科材料が原因でアレルギーや頭痛、湿疹など原因不明の体調不良を発症している場合があります。
病院で何度も診察しても原因がわからず、慢性的な体調不良でお困りの人も多く存在します。

歯科金属でおこる金属アレルギーには、お口の中の粘膜の荒れとは別に、全身の皮膚のかゆみや湿疹を引き起こすことがあります。
金属の詰め物・被せ物・入れ歯の多くは、アレルゲンとなりうる金属が使用されているためです。

例えば、保険治療の詰め物で広く使われている「アマルガム」は水銀を約50%も含む金属です。高温多湿の口の中で劣化し、蒸発、腐食し続けます。水銀の蒸気は自覚のないまま体内に吸収され、内臓に蓄積されてしまいます、銀歯から徐々に金属イオンが溶け出しているのです。
水銀は重金属の一つで神経毒性が強いため、様々な症状や病気を引き起こすことがあります。

また、同様に保険の詰め物で使われる「金銀パラジウム合金」という金属は、電磁波を患者さんの体に集めてしまうことがあります。
電磁波の影響でも水銀と同様に様々な病気にかかってしまう例があります。

●水銀や金銀パラジウム合金で起こる症状の一例
・アトピー性皮膚炎などの皮膚病
・腰痛やひじやひざの痛み、肩や首のこり
・頭痛
・不眠症
・めまい、耳鳴り
・各種アレルギー 他

上記のような症状があって、病院に通ってもなかなか治らない方は歯の金属アレルギーを疑ってみてください。

 

当院の院長は、金属アレルギー・メタルフリーの研究に関しては国内随一の実績があります。
※「メタルフリー」という言葉は院長の白川が造りました

上記内容に心当たりがある、心配だ、という方は、金属アレルギーの専門性が高い当院にて、まずはご相談ください。
メタルフリー治療 ~ 金属を一切使わない歯科治療で、歯だけではなく、全身健康になりませんか?

 

-当院院長の白川が「金属アレルギー」に関する本を出しています-

こえぬま歯科医院

「金属アレルギーとメタルフリー治療Q&A」

 

本書は安心・安全の歯科治療のために、当院の歯科医師、白川正順が金属アレルギーの成り立ちと、診断、治療をわかりやすく解説し、最近注目されているメタルフリー治療を紹介しています。

金属アレルギーとメタルフリー治療
◆もくじ◆ 
歯の詰め物やかぶせ物は、金属アレルギーの原因になるんですか?

ネックレスをしていて、かゆくなることがあります。
これってアレルギーなんですか?
歯の詰め物やかぶせ物には、どんな金属が使われているんですか?
金属アレルギーの症状にはどんなものがあるの?
金属アレルギーになりやすい人には、特徴や傾向はあるんですか?
金属アレルギーかどうかを調べる検査って、どこで受けられるの?
金属アレルギーって治るものなの?
検査で陽性反応が出ました。口の中の金属は取り除くべきですか?
金(ゴールド)やチタンはアレルギーが出ないって、本当?
アレルギーの原因になる金属には、どんなものがあるんですか?
メタルフリー治療で金属アレルギーは予防できるものなの?
入れ歯でもアレルギーは起こるんですか?
食物アレルギーがあるんですが、歯科治療に何か影響はありますか?

金属アレルギーとメタルフリー治療
金属アレルギーとメタルフリー治療Q&A

 

※ amazonでも販売しています